フリーランスに対する難敵の一つ

フリーランスの難敵の一つは、スキルアップに対するモチベーションを維持し続ける必要性です。
会社員であれば、業務以外に特別な動きをしなくても仕事はありますし、極端なことを言ってしまえば、仕事をしなくても賃金を貰うことはできます。

一方でフリーランスの場合は、自分で仕事を見つけるために、スキルを磨いたり、人脈を増やしたり、常に努力をする必要があります。
そうしなければ仕事がなくなり、一切の収入が得られないことになりかねません。
また、日進月歩がいちじるしいIT業界の場合、常につきまとうのが、スキルアップや新しい技術の習得です。

通常の企業であれば、三十代も半ばになると、労働の場が実務よりも管理職の方へと移行していきます。
システムエンジニアであれば、顧客や営業との交渉や打ち合わせ、チームメンバーの進捗管理やマネジメントといった作業が多いでしょう。
これは、経験を積んだ人が管理することによって、最終的な成果物が完成するまでの作業を滞りなく推進することが期待できるだけでなく、年を取るにつれて、新しい技術を身につけることが難しくなっていくからです。
勿論、優秀なエンジニア、プログラマの中には、いつまでも貪欲に技術を身につけ、活かすことができる方もいます。
しかし、誰しもがそうというわけではありません。

フリーランスになると、社会人よりもスキルに対するシビアな評価を受けるため、常に業界の需要や動向を見定め、勉強に励むというモチベーションの維持が重要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です