フリーランスはやりがいに満ちている

優秀な人間は、得てして独立したがるものです。
最初は企業に就職したとしても、働いているうちに自分自身の力で稼いでいくことができるのだと知れば、フリーランスとして働いてみたくなるのも当然です。
フリーになれば、決まりきった年収という枠からは解放されることができるからです。
結果を残せば残しただけ、すべて自分の稼ぎとすることができるのです。

もちろん、逆に結果が出なければすべて自分の責任となるためにリスクもあるのだが、ハイリターンというところに魅力を感じる人が多いのだと思います。
自分がやった分だけ、正当に評価されて、しかもその評価が年収にまで反映されるとなると、仕事に対するモチベーションも上がっていくのです。
モチベーションを高く持って刺激的な仕事ライフを送りたい人間には、フリーというのはメリットにこそなれ、デメリットにはなりにくいのです。

情報化社会が進むに連れて、フリーランスとして働いていくことに支障は出にくくなっている点も見逃せません。さまざまな仕事をネットを通して行っていくことができるので、時間的、距離的な制限も生まれにくくなっているのです。

フリーの場合は個人の能力が問われるケースが多いのだが、ネットがあればその個人の能力をフルに発揮しやすいのです。
社会がフリーの人間に対して寛容になっている点も大きいと思います。
派遣社員が多くなってきて、正社員の数が減ってくると、フリーであることに信用ならないという偏見も少なくなっているのです。

独立したあとの仕事は、サラリーマン時代のツテや営業だけでなく、フリーランス専用の求人サイトなどITを使って探すと効率よいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>